チャイナカフェ

●ホカホカ中華パンオープンサンド・大根と人参のナムル
YOSEIの台湾ラー油、辛くない上海豆板醤が決め手です。
チキンでなく鴨肉を使ったことで、インパクトのある味に仕上がっています。タレに使ったマヨネーズと甘辛味が鴨肉の強さと好相性。中華パンに挟むもよし、別々に食べてソースを付けて食べるもよしの自由さが好評でした。
●花捲
小麦粉は、信州の日穀製粉のホームランか、柄木田製粉のオレゴンを使用します。
味の濃い小麦粉で作った花捲と、市販品が一般の花捲のレシピが好評でした。
●エリンギとレタスのスープ
生食することが多いレタスに火を入れて、スープになることで甘味を出すことを伝えました。簡単ですが、美味しい一品です。
●桂花茶ゼリー
室温で固まる植物性凝固剤「アガー」を使ったのがポイント。
ゼラチンより扱いが楽な「アガー」と、全体のバランスを考えて、さっぱり味のデザートが好評でした。
■テーブルコーディネーションのポイント :
中華料理店というより、女友達同士気軽に入れるカジュアルチャイニーズカフェという想定です。
マークもかわいいクーニャンにして、ランチョンマット、食器に貼るシールはもちろん、アイロンプリントにもプリントアウトして布に転写し、市販のバッグに縫いつけオリジナルグッズも作りました。
  CAPINO2 キョフテ・ピタパンサンド


Ads by TOK2