─透明水彩画の魅力は、絵の具と水の偶然の出会いから生まれる美しさ─
実際の講座の模様は、下のボタンをクリックしてください。
講座の作品集はMari Watercolor CafeのSchoolで、ご覧いただけます。
[お菓子を描くという水彩画講座・水彩画教室は、林真理がオリジナルです。]

受講ご希望の方は、日程など詳細は、プランタンへのお問い合わせ(TEL:03-3567-7235)をお願いいたします。
締め切り直前でもお席がある場合があります。先着順ですのでお早めにどうぞ。



 透明水彩はむずかしいと思われていますが、いくつかの決めごとを守って描けば、誰にでも美しい絵を描くことができます。
 この講座では順序だったメソッドにより、初心者の方でもご満足いただける出来上がりを体験していただけます。
 また、この講座は、プランタン銀座のB1のお店のデリカを描くという点でもユニークで、好評をいただいています。描きあげた後は鑑賞しながらモチーフを召し上がっていただくティータイム。
 さあ、あなたも癒しの透明水彩画の世界に遊んでみませんか。


●透明水彩特有の輝くような彩りは誰しも美しいと思うことでしょう。そして、透明水彩画のみずみずしい色彩は、新鮮な果物や野菜、シズル感あふれる出来たての料理を描くのに最適な色合いなのです。
●この講座では順序だったメソッドにより初心者の方でも、ご満足いただける出来上がりを体験していただけます。
●モチーフは何気ない身のまわりにもあります。いつも使っているお気に入りのカップやお菓子。お店で売っていた美味しそうな苺や、アスパラガス、毎朝テーブルに出てくるクロワッサンやハチミツなど。
●気持がときめいた素材を組み合わせて、テーブルコーディネイトの楽しさも透明水彩画を描くことで味わうことが出来ます。
 また、それらのものに視点やと気持ちを向けることで日々の生活を楽しく充実したものになることでしょう。


●お問い合わせはエコールプランタン(03-3567-7235)へお問い合わせいただくか、プランタン銀座のホームページのschoolのカルチャースクールをご覧ください。エコールプランタンでお待ちしております。

私の水彩画作品の一部とイラストやクラフト作品は「CAPINO」でご覧下さい。
受講生のみなさんには、右のようなテキストを差し上げています。その回のモチーフを描くポイントや、必要な絵の具(前もってメールでお問い合わせいただければ、お知らせいたします)、描き方の手順とポイントなどが分かりやすく記してあります。
また、私の作例で作ったカードもプレゼントしています。

●フードウォーターカラーを描くにあったって、簡単ないくつかのルールがあります。小中学校で使った不透明水彩とは少し技術が違うから です。これらを守っていただければだれにでもすてきな水彩画 が描けるようになります。
1. 粗悪品でない筆と、水彩紙を買うこと。
2. 紙の白地を活かすこと。
3. 明るいところから描いていくこと。
4. しっかり乾くまで待つこと。
5. 多すぎるほどのルールを作って自分を縛らないこと。
 基本的にこの5点をおさえて、わかりやすくお伝えし、また、題材によって変わる「描くコツ」を的確に解説・指導しますので、どなたでも満足のいく出来上がりを体験され、絵を描く楽しさを味わっていただけます。

それでは、代表的なモチーフと描く手順の例をご紹介します。
■当日ご用意いただくもの
  1:筆洗用びん2個(安定の良い広口の空き瓶かプラスチックの筆洗)

2:透明水彩絵の具。高品質で安全・安価な「マッチカラー」を推薦いたします。トゥールズ新宿店・横浜ジョイナス店で買えます。(不透明水彩、ガッシュは使えません。透明水彩絵の具をご用意ください)
また、トゥールズ楽天ショップでも買えます。

3:パレット。(水彩画用のプラスチックのもの)

4:水彩画用筆。(やわらかく、先が細くなったもの。面相筆、彩色筆、画筆などの名称で売られています。中と細の2本ぐらいあればOKです)

5:HBのえんぴつと消しゴム

6:ティッシュペーパー。(修正や筆をふき取ったりするのに使います)

ラズベリーの赤がかわいいプティフールは、プランタン地下1階、美味しいパンでお馴染み、ビゴさんのお店「Douce France」のもの。上品なブルーとアリスのイラストが素敵なラッピングのチョコレートのお菓子は、「パティスリー・アリス」のマカダミアクランチです。
クラシックドールハウスのようなかわいらしさを演出してみました。
紙の白さを活かして、描かずに描く技法を使います。

 

かみしめるほどに味が出てくるハード系のパンで、生ハムを挟んだサンドイッチは、プランタン1階BIGOTの「プティ・ロデヴサンド」です。貝を添えて、夏の海気分を盛り上げています。
セピア色のペンで下描きをしてから描きます。貝のツヤ、パンにかかった小麦粉などは紙の白さを活かし、エスプリを利かせて描いてみましょう。

1.
下描きはワインレッドの色鉛筆で描きます。
パッケージのロゴやイラスト、ラズベリーの光っている部分も描きます。
レースペーパーも丁寧に描いておくと、後々便利です。
  1.
下描きはセピア色のペンで描きます。
貝の柄やラッピングペーパーのロゴ、パンのざっくりした感じ、陰影に斜線を入れるなどして、エスプリの利いた味わいある線画を描きます。
2.
光源を意識して、卵、バラ、プティフール、マカダミアクランチなどの陰影を一度紙を濡らしてから、ブルー系の色とバイオレットで塗っていきます。
タルトの陰影はクリムゾンレーキで、細部にとらわれず大まかに塗ります。
  2.
光源を意識して、貝、サンドイッチ、の影を、一度紙を濡らしてからブルー系の色とバイオレットで塗っていきます。
パンや、ハムの陰はクリムゾンレーキで、細部にとらわれず大まかに塗ります。
3.
各色を彩色していきます。バラの葉はグリーンを使わず、黄色と青で作った緑色を使うと、よりナチュラルな作品に仕上がります。
卵は周りにある色を少しずつ加え陰影のみで描いていくといいでしょう。
全部塗らず白を残し、ツヤのある質感や、バラの花や葉のみずみずしさなど活かして、美味しそうに描きます。
  3.
彩色していきます。グリーンは、ブルーとイエローの混色で描くと、よりナチュラルに仕上がります。
全部塗りつぶさず白を残し、貝の柄やツヤ、パンにかかった小麦粉など白地を活かして描きます。
ハムはローズドーレと ネイプルスイエローの混色で描きます。
4.
背景になるサーモンピンクなどを描いて、全体のバランスを見ながら加筆していきます。
最後に空いた場所にサインを入れて出来上がりです。
  4.
ラッピングペーパーのロゴなどを描いて、全体のバランスを見ながら加筆していきます。
美味しそうに見えたら完成です。
*実際の講座では、各段階において細かな技法や、彩色のポイントなどをマンツーマンでお教えいたします。
描きあがった絵は、私の手作りの額やカードケースに入れてお持ち帰りいただきます。
 心を込めて描きあげた作品は、どなたでもやはり人に見せたくなるものです。せっかく描いた作品をしまっておくのはもったいないことです。
 この講座では、ただ描くだけでなく、作品を招待状やバースデーカードに加工します。レシピを描いたものなどは、ホームパーティのお客様におもてなしをする時に最適。お料理のレシピを招待状にしたり、ティーパーティの場合、お茶に添えたケーキのレシピをお渡しするのもしゃれてます。
 また、いくつかの小作品をひとつの額にレイアウトして入れたり、カレンダーにするなど、インテリア・オーナメントとしてお使いいただけるようにして、お持ち帰りいただくことができます。
 描いた後にまたひとつ楽しみがあるのも、この講座の魅力のひとつだと思います。

受講生の制作風景です。私が開発した独自のメソッドに沿って順番に描き上げていきます。マンツーマンでポイントをガイドいたします。

作例カードを参考に制作されています。でもその通り描く必要はありません。
「自由に」が合い言葉。個性を大切にします。

 作例カードの例です。毎回モチーフのテーマに合わせたカードをデザインしてお渡ししています。また、私の水彩画を使った手作りカード(立体カードなど)の販売もしています。

私の作品はMari Watercolor Cafeで、ご覧いただけます。
料理レシピはMARINE GOURMET でどうぞ。

講座内容などのお問い合わせやご要望はContactから林 真理まで直接どうぞ。

林 真理のプロフィール

お申し込み・お問い合わせは、エコールプランタン(03-3567-7235)か、
プランタン銀座のホームページのschoolのカルチャースクールをご覧ください。エコールプランタンでお待ちしております。

講座は1月期(1,2,3月)、4月期(4,5,6月)、7月期(7,8,9月)、
10月期(10,11,12月)に分かれ、各期3回の講座になります。
また、ワンデイ講座も行う場合があります。
詳しいスケジュールや費用につきましては、エコールプランタンにお問い合わせ下さい。

お陰様で毎回満席で、新規の枠が3〜4名様分しかありません。すぐに埋まってしまいます。お席に少しゆとりのある自由が丘サクラボローの教室もよろしくお願いします
。 (同様の講座ですが、プランタンの講座とは無関係です)

エコールプランタンの教室でお待ちしています。

■モチーフのお菓子は、各お店の承諾を得て絵にしています。また、絵にしたものをカードにして差し上げています。

林真理のアートエコバッグ新発売!

株式会社デンエンチョウフ・ロマンより、私の水彩画がプリントされた「アートエコバッグ」が発売されました。よろしくお願いします。

商品ラインナップ
●ミニトート 2,940円
●小物入れ  1,260円(上とセットで3,990円)
●エコバッグ 2,730円
●A4トート 3,940円
●ネックホルダー小物入れ 2,520円
●Tシャツ  4,200円
●写真左:ミニトートと小物入れ、右:エコバッグ。現在54種類のイラストのバリエーションがあります。

◆お問い合わせ 株式会社デンエンチョウフ・ロマン
        〒145-0071 東京都大田区田園調布2-48-16
        TEL:03-3722-2022

■左の写真をクリックすると商品カタログのページが開きます。
HOME

By Hayashi Mari (C)2003 Tokyo Japan All rights reseaved
Ads by TOK2