T & T STUDIO

 
LEONE ST

 うちが最初に乗った車が、レオーネSTツーリングワゴンLTDでした。特別仕様車で、アルミホイールとフォグランプがつき、4センチ車高があがるスイッチがハイトコントロールや、スイッチひとつで2WDから4WDになる機能がついていました。これでよく釣りに行きました。


 レオーネツーリングワゴンはAWDツーリングワゴンの先駆けでありました。なので、初めて田舎に行ったとき、お祖母ちゃんに「変な形の車だな」と言われたそうです。ワゴンが珍しい時代でした。完成しました! まずは制作過程をどうぞご覧くださいムービーはこちら!
2007.8.27

●古いカタログや、小さい頃の僕がレオーネと一緒に撮った写真を見ながら展開図を描いていきます。
 
●白いボディなので塗装はしません。制作途中に白いボディを汚さず保つことが大切です。クリックで拡大。

●切り取りました。これから、プレスラインや、窓ガラスとなるプラ板を貼っていきます。
 
●これは何でしょう、サイドモールです。細く切ったボール紙を黒くぬり、修正液で、白いラインを引いたらできあがり。

●角張ったシンプルなデザインの車ですが、プレスラインが結構、複雑についています。紙を貼って感じが出るよう表現。
 
●ラジエーターグリルも細かく再現。真ん中に六連星のエンブレムが入ります。

ドアトリムは、なかなか資料の写真が見つからず苦労しました
 
●環状に紙を貼り、丈夫にしました。ウィンドウを開けるハンドルが時代を感じさせます。クリックで拡大。

●組み立てました。レオーネのツーリングワゴンはステップドルーフになっています。バンはそうなっていません。
 
●ちょっと上から。フェンダーの膨らみを作るのに苦労しました。クリックで拡大。

●窓が大きいのもスバル車の特徴です。

●タイヤハウスを大きくすると、タイヤの存在感が出て格好良くなります。

●スバルのツーリングワゴンを作るときは、リヤハッチの腰の部分を短めにすると、軽快な感じが出ます。
 
●まだ4WDやATが珍しい頃の車なので、至る所に4WDと書いてあります。

●ここにも。エンジンのスペックまで書いてある車も見たことがあります。
 
●エンブレムが小さすぎてゴチャゴチャになってしまいました。ヘッドライトの部分は薄いグレーを塗りました。

●角張ったダッシュボード。スイッチ類がコクピットを中心に配置されています。
 


●メーターの針は別パーツで立体的に仕上げてあります。細かすぎて苦労しました。


●ステアリングは、後から革を巻いた物でした。今より細くて、直径が大きいのが特徴です。

 
●エンジンルームを作る予定ではなかったのですが、前作のレガシィと同じようにボンネットフードを空けました。

●スペアタイヤがエンジンルームに配置されているのが印象に残っていました。

●シートも完成。モケットの毛羽だった感じを出すために、灰色のクラフト紙をめくって2枚にし、毛羽だった面を使っています。

●タイヤ。約3mmの厚い紙をサークルカッターで切り抜き、重ねます。
 
●そして中心部をくり抜き、アルミホイールの表側(左の写真右側のパーツ)貼って完成。クリックで拡大。


●完成!初夏の陽射しの下で撮影。シートやタイヤ、ミラーやワイパーなどをゴールデンウィークで空いた2日で仕上げました。なので、途中経過が撮れませんでした。ルーフキャリアに載せているのは、父が乗っていたプジョーのロードレーサーです。とても良いもので大切に乗っていたので今でもピカピカです。現在は、パーツを替えたりして僕が乗っています。

 
●前から。陽に照るさわやかな白のボディ。クリックで拡大!

●カタログや昔の写真をみて細かいところまで忠実に再現。
 
●屋根にはサイクルアタッチメントを付けていて、自転車を載せていました。

●自転車を載せて走っていると、後続車がやけに車間を空けていたと父は言っておりました。
 


●自転車を降ろして。自転車の制作過程は後ほどに。クリックで拡大。


●直線の美しさが出る、好きなカットです。シンプルなリヤのデザインは初代フォレスターに通ずるところがあります。ハイトコントロール(車高調)が付いていて、最低地上高がフォレスターと同じ200mmになります。釣りのときの林道などで大活躍しました。クリックで拡大。

 


●朝4時に起きて、この車でフライフィッシングによく行きました。クリックで拡大。


●影までリアルに現れた。クリックで拡大。
 
●中身です。後部座席のヘッドレストは無く、シートベルトも2点式です。クリックで拡大。

●ルームミラーはドライバーから後ろが見えるように角度を付け配置。
 
貨物車譲りの荷室の広さがあります。田舎から150キロぐらい野菜を積んで帰ったこともありました。働き者です。

●僕が乗っていたチャイルドシートも作ろうかと思っています。
 
●EA82、1.8L水平対向4気筒OHC。クリックで拡大。

●左右のミラーもドライバーの向きに付けました。
 
●ハンドル握るはスバル君。クリックで拡大。


●4WD車であることを主張するリヤスプラッシュボード。


●3つのパーツで構成されたルーフキャリア。クリックで拡大。


●フォグランプカバーは開閉可能。実車も手動で開閉したそうです。ヘッドライトウォッシャーも装備されています。

 
●変速ショックが大きかった3速AT。パワーボタンがあり、これを押すときに父は、「パワーッ!」といって押していました(笑)。CDプレイヤーは後から付けたものでした。


●ロードバイクの制作過程です。以前から作りたいと思っていた、自転車。接着面が狭く難儀しました。これはドロップハンドルを作っているところ。実際と同じようにバーテープを巻いています。フレームは造花用の針金に紙を巻いて見合う太さにした物を使用しました。

 
●ブレーキレバーを付けて、ステムに取り付けました。クリックで拡大。

●草の芽と比べてこの小ささ。フレームが若干太い気が。実際はもっとスリムです。仏式バルブのチューブラータイヤをはいています。
 
●スポークはプラ板にペンで描いて表現。リム部分は銀に塗った紙を貼り、黒い細い紙を周りに貼ってタイヤを作りました。クリックで拡大。
 

■T & T STUDIO CAPINO SINCE 08.04.2003(C)CAPINO in Tokyo Japan
TO PAGE TOP
Ads by TOK2